50%の法則 | 出会い系 完全攻略! 必ず会える 体験日記


スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

50%の法則

2013.08.07.Wed.20:43

50%の法則





メールは、「自分のことを50%、相手のことを50%」書け!

と言うのが、50%の法則になります。




出会い系サイトを利用する上で最も重要なことは、メールです。
メールの書き方次第で出会えるかどうかが決まります。

「メールを制するものは出会い系を制する」と言っても決して過言ではありません。



ダメなメールを100通送ったところで、返信は返って来ません。
ポイントを消費する出会い系ならば、メールの送信は少ないに越したことはありませんので、
メールの内容は大切になってきます。








それでは、50%の法則について詳しく説明をします。



相手のことを聞くのは当り前なのですが、自分のことを相手に知ってもらわなければ、
楽しい会話は生まれません。

「自分のことを紹介しながらも、相手のことを少しずつ聞き出して、同時に楽しませる。」
といった感じでしょうか。

相手のことをたくさん知りたい気持ちはよく分かりますが、
相手もこちらの話には興味があり、自分のことばかり聞かれているのは嫌なのです。







実際に会うステップに向けてお互いの趣味、性格が合うか確認するのが大切になります。
短時間で、女性に「会ってみたい」と思わせる事はとても難しいことですが、
「少しお話ししてみようかな?」と思ってもらうことは、大変な事ではありません。


お付き合いをしたい相手ならば、つまらないメール話が続かない内容など…
メールの返信を苦痛に思われてはダメです。









➀ 堅苦しくならずに、自分の趣味などを簡潔に書く。
 
 趣味はプロフィールと同様で構いません。それでもメールにはしっかりと、書きましょう。
また、堅苦しいメールは相手も返信しやすいとは思えませんが、
馴れ馴れしいのは絶対にダメです。






➁ なぜ、選んだかを書く。

 プロフィールに映画鑑賞が好きと書いてましたよね、僕も好きなんですよ。
趣味が合うかな?と思いましてメールしました。
それに、写真を拝見して、とても可愛らしい方だなと思いまして… などなど。






➂ 【重要】 簡単な質問を1つ入れる。

 女性は多くの男性からメールが来ます。
返信がしやすいようにメールに質問を入れてあげる事で、すぐにメールが返って来ることも珍しくないです。
自分も、相手も嬉しいですよね。







➀~➂を大切にして下さい。
相手がスポーツ好きなら、「自分でやる?それとも見る方が好き?」
相手がペット好きなら、 「以前〇〇を飼っていたのですが、××さんは何を飼っていますか?」

何もなくても「同じ県ですね、私は〇〇高校出身なのですが、ご存知でしょうか?」などです。


質問は本当に簡単なもので構いません。
まずは、相手とお話をすることが目当てなのですから返信が来なければ意味がありません。



しかし、50%の法則を忘れないです下さい。
自分のことも書かなければ、相手は自分に興味を持ってくれません。メールがしやすくても、

これ以上の発展は望めないでしょう。











数少ない優良サイトで満足度No.1
登録無料ですので、ぜひ一度お試しください!

まずは無料ポイントでお試しハッピーメールはコチラをクリック(18禁)

おかげ様で11周年!出会いはハッピーメール(18禁)




宣伝の量は、どこにも負けない No.2

こちらも、登録無料!

有料だから会える圧倒的な出会い率

日本最大級のコミュニティサイトPC☆MAX






No.3以降は、トップページからどうぞ。


関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。